東京・北区赤羽駅前の行政書士村上事務所です。貸金業登録、会社設立、遺産、相続、遺言、離婚相談、消費者トラブル、内容証明、契約書作成と全国からの相談をおこなっています。
行政書士村上事務所 Yahoo!ブックマークに登録
●携帯サイトはこちら●
★会員サイトはこちら★
無料相談はこちら
電話:050−3045−7910(9〜20時)
携帯:090−3521−1188(8〜21時)
お急ぎの方は携帯電話におかけください
行政書士村上事務所所長の村上脩と申します。
HOMEご案内報酬お問合せメール相談事務所案内

贈与・生前贈与について 行政書士 法律家相談所

 

単に贈与というと無償(ただで)あげるということ、そしてもらいますと

返事してお互いが書面にサインすることで成り立ちます。この家をこどもにあげる、子がもらうと返事を書面で残せば贈与となります。家の登記簿の所有者の変更があれば贈与税はどうするのか調べておかねばなりません。

一方子が親から買えば売買契約になります。ただ、対価があつたのかが

ポイントです。

1、年間110万円までの基礎控除

 ・贈与する物はなんでもいい。

 

連年贈与は注意しましょう。

  例、最初から計画的に1000万円を贈与するため、贈与税対策のために100万円

を毎年贈与する方法です。

  • 毎年一定額にしないで、金額を変える
  • 贈与の時期を変える
  • 銀行口座に振り込み税務署に説明できるようにしておく。

以上の説明は民法上の対策といえます。

現実の税務署はどうでしょうか。

極端に低い価格で譲った

保険料を負担しないで保険金だけ受け取った 

子の借金を親が払った、、こんなケースも贈与とみなされます。

 

生前贈与の活用場面

  • 110万円の基礎控除を活用する
  • 配偶者控除を活用する・・・配偶者が結婚してか20年以上経っている
  • 場合は課税されません。

 法律家相談所 法律的な相談 行政書士 東京都北区 板橋区 杉並区 埼玉 千葉


行政書士村上事務所のサイトはヤフー登録サイトです

正当なCSSです

会社設立

会社の種類

確認(1円)会社

株式会社の設立手続き

新会社法について

合同会社

多様な会社組織

会社Q&A

 

遺産相続

遺産と相続

遺産分割協議書

遺産相続の書類の流れ

3つの相続方法

贈与・生前贈与

 

示談書

 

著作権

 

内容証明郵便

 

国際

帰化

ビザ手続き

再入国手続き

在留期間更新許可申請

資格外活動許可申請

就労許可申請

その他

 

許認可

介護保険事業

介護タクシー事業

飲食店営業許可

人材派遣業許可

産業廃棄物処理業

風俗

エステ

美容室開業届

美容室経営コーナー

美容室トラブル対策

 

行政書士について

行政書士

行政書士資格試験

 

相談

法務相談

確定申告

助成金・補助金

貸金業登録相談

貸金業Q&A

 

各種データ

市町村合併一覧

家庭裁判所

 

ブログ

とくダネ美容経営ブログ

Blog日記

 

リンク

リンク集

相互リンク

 

特定商取引法による表示

 

 


 

Copyright(C)・2005・Office_Murakami_All_rights_reserved